MENU

教材の中身と感想

【荒木式】うつ病改善プログラムは、荒木裕先生が院長を務める崇高クリニックで実際に行われ効果があがっている、自宅で一人からでも出来るうつ病改善法が、万全のアフターフォローを受けながら無理なく取り組める教材内容になっています。

 

 

ダウンロード版とDVDの配送版どちらかを選ぶことが出来るのですが、私の場合は簡単なパソコン操作も出来ますし、送料(2.00円)もかからずすぐに見ることが出来るので、ダウンロード版を購入しました。
テキストはPDF、専用サポートサイトや動画は専用サイトより閲覧できる形になります。
このようになっています。↓↓

 

 

教材の中身(DVD)の収録内容
動画コンテンツ
はじめに
なぜ、精神科医ではない荒木先生がうつ病治療を始めたのか?

第1部 うつ病の原因は食べ物にあった
Q.1 うつ病とは
Q.2 日本でも深刻なうつ病
Q.3 うつ病の原因に食べ物が関係しているのは本当ですか?v
Q.4 炭水化物や甘いものを食べ過ぎるとうつ病になりやすくなるのは本当ですか?

 

第2部 うつ病は脳の病気 〜これからの常識
Q.1 うつ病は「心の病気」でしょうか?
Q.2 なぜ、うつ病の薬を飲んでも根本的に治らないのでしょうか?
Q.3 どうすれば、感情や精神状態は安定するでしょうか?(その1〜4)

 

第3部 うつ病の根源 〜「糖中毒」の恐ろしさ〜
Q.1 『悪童マイケル』〜1964年イギリス発の有名なレポート〜
Q.2 余分な「糖」が脳を狂わせ、うつ病を引き起こす(その1〜2)
Q.3 甘いものを口にすると刺激される脳〜とある実験結果〜)
Q.4 うつ病の根源〜「糖中毒」の恐ろしさ〜(その1〜2)
Q.5 麻薬のように恐ろしい「糖中毒」
Q.6 サルやイノシシが人家を襲う理由とは?

 

第4部 【荒木式】 断糖食でうつ病を克服!
Q.1 うつ病には断糖食が有効です。では、断糖食では何を食べれば良いでしょうか?(その1〜3)
Q.2 なぜ、野菜や米を食べる必要がないのでしょうか?
Q.3 我々の遺伝子は、
何を食べるよう設計されているのですか?(その1〜2)

 

第5部 【荒木式】 断糖食の実際
Q.1 うつ病入院患者さんへの断糖食による治療の流れを教えてください。
Q.2 「オプティファースト70」について教えてください。
Q.3 断糖食を習慣にするにはどうすればいいでしょうか?(その〜21)
Q.4 「もう…断糖食にかけるしかない!」〜2週間でうつ病を克服された方の事例〜(その1〜2)
Q.5 断糖食で気分も体もスリムに、笑顔も復活〜うつ病を克服、仕事を再開された方の事例〜(その1〜2)

 

第6部 【荒木式】 体験者の声

 

特典インタビュー
「荒木式断糖食で、人生やり直せます」うつ病を克服した家族の声

 

実際に見た感想

この【荒木式】うつ病改善プログラムは、精神科医でもない荒木裕先生が何故、うつ病のの治療を始めるようになったのから始まり、改善すうる上で知っておきたい知識や原因、どうすれな症状を改善させることが出来るのかといったことまで、これまでの臨床経験をもとに解説してあるので、納得して取り組めると思います。

 

 

特に教材内容の第2部で、うつは脳の病気ということについて触れられており、良くうつ病は心の病気と言われますが、考えてみれば人間の体には「脳」と「内臓」の2つしかなく、このつながりがアンバランスになった状態とも言えるわけです。

 

 

このようになるのは、脳からの指令・信号が上手く伝わっていないからで、脳の病気ともいえるのです。
昔はうつ病の原因は主に性格やストレスによると言われてきましたが、最近は脳の機能に障害が起きているのではないかということが解明されてきています。

 

 

そして、どうすれば感情や精神状態が安定するかということについて、分かりやすく話されています。
私も知らないことが多かったので、非常に参考になりました。

 

体験者の声に耳を傾けよう

教材内容の第6部と特典インタビューで荒木式食事法でを実践され克服された体験談やその家族の声の動画で見れるのは、励みになると思いますよ。

 

 

精神疾患といわれているものにも、パニック障害、恐怖症、不安障害など人それぞれで、それらの疾患を合わせ持っている方など、診断名が違っても、辛いと思っていることや決断に苦しんだりしていることは意外と同じだったりするんですね。

 

 

世の中には自分と同じ悩みを抱えている人がこれだけたくさんいて、どのようにして克服することが出来たのかを知るだけでも気持ちが軽くなり、自分がどうしたいのか?おのずと見えてくると思うのです。

 

 

何より「健康な体は食事が作る」これが正しいことは誰もが分かっている筈です。
体を作っている食べ物を本当に必要な物に変えれば、うつ病を根本的に改善し、克服することも、薬や心理療法などに頼ることなく改善すること出来るということです。

 

 

実際に、糖尿病を改善させようと崇高クリニックに入院してこられる患者さんも程度の差こそあれ、ほとんどの人にうつの症状が見られました。
そして、ご飯などの炭水化物や甘いものなど糖質をほぼカットした断糖食を続け、糖尿病が快方に向かうと同時に、うつ症状も改善しているのです。こうした事例は数えきれないほどあります。

 

ご参考までに!

 

 

【荒木式】うつ病改善プログラムの詳細を見てみる